2017-12-31

温度で色が変わる1DAYヘアカラー体験レポート PRAVANA Vivids Mood Hair Color Kit

ネットで話題の温度で色が変わるカラーですが、使い方やいまいちどの様なアイテムか分かりにくいので、実際に使ってみた使用方法レポートです☆

予めの注意点として

※ヘアカラーではなく、シャンプーで落ちるアイテム(実際には落ちにくい色味がありました)
※海外製品であり日本からはアマゾンで購入出来ます。
※市販品の体験レポートとなりますので、フレアでの購入、施術は今のところ出来ません。

 

それでは体験リポートスタートです☆

最初は動画を撮っていたのですが、写真の方がわかりやすいとなったので、、、写真でお届けします。

ちなみにメーカーの公式動画はこちら。


塗ってくれたのは本店の古賀さん&本店のスタッフ達。

■アマゾンで購入したアイテムはこちら。

以前はアマゾンのアメリカのサイトから購入でしたが、現在ではアマゾンのマーケットプレイスでも購入出来ます。

現地での価格は60ドル程度です。

 

箱の側面にそれぞれ注意書きが書いてあります。

早速開封していきます。

開けるとこの様なセットになっています。

ちなみに色味は4パターン

①温:クールバイオレット⇔冷:ウォームピンク

②温:スモーキーグレイ⇔冷:インビジブル(透明?元の色)

③温:ライムグリーン⇔冷:サニーイエロー

④温:トロピカルピーチ⇔冷:インビジブル

となっています。

製品には

・カラーパウダーがそれぞれ一つずつ

・ベースクリーム1本

・スポンジ

・スプーン

が入ってます。

 

それでは実際に塗っていきます。

 

今回のモデルは2名のスタッフで試しました。

・4色を試せるブリーチ毛のスタッフ

・暗めのカラーにのせたパターンも見たいので、暗めのスタッフ

 

明るめのモデルさんはこちら

 

暗めのモデルさんはこちら

まずはカラーパウダーを4つとも開封、5.35g入っているので今回は半分の2.6グラムを使用。

カラーパウダー1に対して、ベースクリームを3の割合で混ぜます。

使用して分かりましたが、かなりの量を使うので、髪全体を一色で揃えるためには3~5セット程使いそうです。

それでは塗布していきます。

この様に塗りやすい幅を、薄くとって下に下敷きを当てて塗っていきます。

今回はわかりやすい様に、少しずつ4色塗ります。

お店に下敷きが1個しか無かったので残りの3色はそのまま塗ります。

動画はこちら


少しの幅ずつ塗るとこの様なイメージ。

塗布したあとはすぐにブラシを通しながら乾かす事で、1本1本に色を残したままの状態に出来ます

※今回はすぐにブローせずに10分程度そのままにしてからブラシでブローしたため、色の残りが悪くなっています。。

ちなみにメーカー公式のレクチャー動画はこちら


まだ暖かいので色味は分かりにくいですが、そしてブローが終わるとこの様になります。

12月の営業後でも元気です☆

粉まみれになりながら仕上がった結果はこちら


二人目のモデルさんは黒髪の影響か、塗った後の放置時間が長くなってしまったため、イエローになった時の粉感が出てます。。

 

粉がかなり飛び散りましたが、やはりこの色味の変わる瞬間は感動ものです☆

 

シャンプー後はこちら。

ブリーチ毛のスタッフ。

①温:クールバイオレット⇔冷:ウォームピンク

の部分だけ少し残ってます。

 

暗めの髪のスタッフはこちら

ほぼ色残りはありません。

 

今回のまとめ

・粉がかなり飛び散るので、家でするとかなり掃除が大変です。

・ハロウィンや成人式で人気が出そうですが、服につかない様な環境も必要。

・塗った後はすぐにブラシでブローしないと粉がさらにとびちります。

・髪全体を同じ色味で塗るには1セットでは足りない模様。

・クールバイオレット⇔ウォームピンクは少し色残りします。

・シャンプーで落とす時は熱めのお湯の方が効果的

 

・ヘアカラーではなく、シャンプーで落ちるアイテム(実際には落ちにくい色味がありました)

・海外製品であり日本からはアマゾンで購入出来ます。

・市販品の体験レポートとなりますので、フレアでの購入、施術は今のところ出来ません。

LINEで送る

関連記事